2011年07月24日

諸君!その日は来た!-地上波テレビの変わる日-

決定の日から長い様で短い様な
歳月と時間が流れた・・・。

そして・・・その日が遣って来た。

残り12時間後・・・正午を境に
時代は変わるのだ・・・嫌が故にも

多くの問題と課題を残しての見切り発車

まるで・・・パンドラの箱を開けるが如く

・・・アナログからデジタルへ

分岐点と言う名の壮大な実験の始まりで有る。

これが果たして幸福なのか?不幸なのか?

**************************************

テレビ あす地デジ化 
駆け込み 販売店どっと


24日のテレビの地上デジタル放送への
完全移行を目前にした23日、
大阪市内の家電量販店では
朝から多くの客が訪れ、
対応待ちの行列もできた。
これまでの商戦の反動で
下半期はテレビの売り上げが
前年同期比60%まで落ち込むとの
見方もあり、業界では追い込みに懸命だ。

大阪市浪速区の「ヤマダ電機LABI1なんば」の
テレビ売り場は駆け込み購入客で開店直後から混雑し、
レジ前には10人以上が並ぶ光景も。
同店では6、7月の販売台数が前年同期比2倍で推移、
特に32型で5万円前後のテレビが人気という。
大阪市阿倍野区の自営業の男性(52)は
「メーンのテレビは対応済みだが、寝室用を見にきた。
人が多いので、来週にするよ」と苦笑いしていた。

各家電量販店では、
テレビ担当スタッフを増員するなどの
対応をしたところもあるが、6月以降は、
平日でも対応待ちの客が出る事態が相次いでいる。
大手量販店関係者は
「地デジ移行でテレビの歴史が変わる。初めてのことだけに、
24日はどんな状況になるのか」と不安の声も聞かれる。

また、地デジチューナーの品薄などから
「地デジ難民」も数万から10万世帯残るとの見方もあり、
当面、混乱は続きそうだ。

調査会社のBCNによると、
上半期のテレビの国内の売り上げ台数は
前年同期比29・9%増。
特に6、7月は約2・5倍で推移する好調ぶり。
同社の岩渕恵アナリストは
「全体的に東日本大震災の影響による在庫も整理され、
品薄に転じる商品も出ている。中小型を中心に
需要は8月上旬くらいまでは続く」としている。

(23日付け産経新聞記事より)


**************************************

地デジ移行:24日正午前には各局が最後の告知

東日本大震災で大きな被害を受けた
岩手、宮城、福島の3県を除く44都道府県で
24日正午にアナログ放送が終了し、
地上デジタル放送(地デジ)に完全移行する。
対象地域のNHKと民放のアナログ放送では
正午以降、番組は放映せず、
地デジコールセンターの連絡先を示す
青い背景の静止画面を表示する。
また、各テレビ局は同日午後11時59分に
東京タワーなど各地の送信所の電源を
手動で落としてアナログ用の電波を完全に止め、
25日午前0時以降は
アナログ放送の画面は何も映らない「砂嵐」になる。
BSアナログ放送も同時に終了する。

NHKは24日午前10時5分から44都道府県で、
これまでのテレビの役割を振り返る
特別番組「その時、みんなテレビを見ていた!」を放送し、
番組内でアナログ停波の告知をした上で
静止画面に切り替える。
民放キー局の一部も正午前に、
生放送番組の中で出演者によるカウントダウンをしたり、
アナログ放送視聴者向けの感謝のメッセージを流す。

10万世帯前後が地デジに未対応とみられ、
総務省はアナログ放送が終了して
初めて未対応に気づく人がいると予測。
市町村役場などの地デジ臨時相談コーナー1600カ所のうち、
相談員を置く500カ所程度の窓口などを開く見込みで、
視聴方法の問い合わせや
低所得者向けのチューナー配布に応じる。
地デジコールセンター(0570・07・0101)も、
1200人態勢で24時間相談に応じる。
NHKもコールセンターを100人から
300人態勢に増やして24時間対応する。

(23日付け毎日新聞記事より)


**************************************

その一方で
地デジ化の恩恵すら受けられず
厳しい状況に置かれている弱者達も
存在している事を忘れてはいけない。

格差の切捨ては決して許されない事
早急の解決策を講じないと行けないのだ。

**************************************

地デジ化で視覚障害者が困惑 
ラジオでテレビ音声聞けず


地上デジタル放送への完全移行が24日に実施されると、
ラジオでテレビ音声を聞くことができなくなるため、
視覚障害者らが困惑している。
全日本視覚障害者協議会(全視協)の
山城完治総務局長は
「国策のためにテレビから置き去りにされ、
寂しい」と肩を落としている。

視覚障害者の多くは、
テレビ音声を受信できるタイプの
FMラジオを愛用してきた。
ラジオでテレビ音声を聞けるのは、
テレビがアナログ放送だったためで、
地デジ化でアナログが停止されると受信不能になる。

厚生労働省の調査では、
視覚障害者の情報入手手段の
1位はテレビで、66・0%(複数回答)に達した。

(11日付け共同通信より)


**************************************

ラジオでTV音声聞けず 
完全地デジ化あと4日


地上アナログ放送の終了まであと4日となった。
視覚障がい者の多くは、
テレビ音声を受信できるタイプの
FMラジオを愛用しており、
地デジ化でアナログが停止されると受信不能になる。
総務省沖縄総合通信事務所は、
代替策として薄型テレビや携帯電話のワンセグ機能で
音声だけを聞くことを挙げているが、
県内の視覚障がい者の中には対応に戸惑う人も多い。

目が不自由な津波タミ子さん(63)=読谷村=にとって
ラジオから聞こえるテレビ音声は一番の楽しみ。
各部屋にはラジカセが必ず1台置かれている。
「何十年も昔からラジオでテレビ音声を聞いている。
教育番組が特に好きで毎日聞いている」と笑顔を見せる。
地デジ化でテレビ音声を聞けなくなることについて、
津波さんは「生活から楽しみの一つが消える。
地デジ化は時代の流れかもしれないが
地デジ以外の選択肢があってもいいのではないか」と
寂しげに語る。

地デジ化を進める政府に対して津波さんは
「私たち視覚障がい者や高齢者たちなど
社会的弱者の意見も聞いてほしい」と要望する。

県視覚障害者福祉協会の山田親幸(しんこう)会長は
「携帯のワンセグ機能では、
すぐに電池が切れてしまうのでは」と不満を示す。
「障がいの有無にかかわらず、
一般の人と同じように文化を享受できるようにしてほしい」と
国に要求した。

(20日付け琉球新報より)


**************************************

事は始めてみなければ分らない

その日・・・多くの悲喜交々が各地で
浮き彫りに為る事だろう・・・
想定外の事態が起こりうる事も否定出来ない

まずは冷静に事態の推移を見守る事に尽きる。

事は後で解決すればの話だが・・・

私も急がず、テレビのデジタル化を
賢く進めたいと思う一人だ。

その間はPCさえ有れば事は足りるの事w

しかし・・・この一大事、
テレビを変えるこの日が旨く行くかどうか・・・

私が願うに後の歴史に
禍根を残す事が無い事を願いたい・・・。

パンドラの箱が開けられた後
箱の底に在るのは果たして・・・・・?。

関連リンク
Dpa社団法人デジタル放送推進協会
デジサポ 総務省テレビ受信者支援センター



heavenlyhawk55をフォローしましょう




blogram投票ボタン


WebMoney ぷちカンパ


posted by ヘゥンのタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

梅雨明け・・・そして夏本番へ!

あぢ〜〜っ!

と思ったらもう梅雨明けして
夏本番に突入してますたw

今年の梅雨明けは早すぎて
私自身、気づいてませんでしたw

**************************************

関東甲信、九州北部、北陸で
梅雨明け 気象庁


気象庁は9日午前、九州北部、関東甲信、北陸各地方で
梅雨明けしたとみられると発表した。
平年と比べ九州北部は10日、関東甲信は12日、
北陸は15日早い。いずれの地域も昨年より8日早い。

9日は、太平洋高気圧に東・西日本が覆われ、
各地で夏空が広がっている。午前中から気温は上昇し、
午前10時50分現在で、492地点で
気温30度以上の真夏日となり、
茨城県大子町で35.4度を観測、
35度以上の猛暑日となった。

気象庁は、各地で猛暑日になると予想。
大阪、京都、奈良のほか埼玉や神奈川で35度、
兵庫・豊岡市、群馬・前橋市で36度などとしている。
高気圧の影響で、北海道付近に停滞する
梅雨前線の活動は弱まっており、
東日本大震災の被災地、福島でも
晴れ間が広がり真夏日になるとみている。

(9日付け産経新聞記事より)


**************************************

今後1週間、猛暑続く=東・西日本、
熱中症に注意―気象庁


気象庁は11日、東日本と西日本では
18日ごろにかけて太平洋高気圧に覆われ、
最高気温が35度以上の猛暑日となる所があるとして、
熱中症や農作物の管理に十分注意するよう呼び掛けた。
11日は東北地方で梅雨明けし、
今年の梅雨明け(速報値)は全国各地で
平年より7〜17日間早かった。
地方別では、関東甲信は11〜18日ごろ、
東海では13〜18日ごろ、
近畿では14〜18日ごろにかけて
猛暑日となる所がある見通し。
11日の全国最高気温は
群馬県館林市の37.5度。
続いて福島県喜多方市が37.4度、
埼玉県熊谷市が37.3度、
福井県小浜市と京都府舞鶴市が37.0度だった。
喜多方市は7月の同所の観測史上最高気温を更新した。

(11日付け時事通信より)


**************************************

この時期に為ると熱中症の
発生確立が高くなります。
万全の対策を施して
熱い時期を楽しく過ごしましょう。



heavenlyhawk55をフォローしましょう




blogram投票ボタン


WebMoney ぷちカンパ


posted by ヘゥンのタカ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

元オリコン常務取締役、湯浅政義氏逝去。

遅ればせながら訃報で在る。

社団法人 音楽事業者協会(音事協)
アドバイザーの湯浅政義氏が
先月8月18日未明、逝去した。享年66歳

オリジナルコンフィデンス(現、オリコン)にて
雑誌オリジナルコンフィデンス編集長、
オリコン常務取締役を歴任した。

通夜は23日18時から、告別式は24日12時から共に
東京都新宿区新宿の正受院にて執り行われた。

心からの哀悼の意を申し上げます。



blogram投票ボタン

WebMoney ぷちカンパ
posted by ヘゥンのタカ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みは終わっても酷暑は続く・・・。

皆様、夏休みボケは直りましたか?w

当BLOGは夏休み休暇から復帰し
本日から通常営業モードでつww

しかし・・・9月に入ってもこの酷暑は
収まる事を知りません・・・。

**************************************

9月になったのに暑かった… 
全国157カ所で猛暑日


強い勢力の太平洋高気圧に覆われた
日本列島は1日も、全国的に厳しい暑さが続いた。
921カ所ある気象庁の観測点のうち、
最高気温が35度以上の猛暑日を
36都府県の157カ所で記録した。

同庁によると、全国で最も暑かったのは
38.3度の京都府舞鶴市。
35.4度の青森県八戸市や
37.3度の京都市、
36.1度の松江市など、
計242カ所では最高気温が
9月の観測史上1位になった。
東京都心では午後2時前に
35.9度となり、
今年11日目の猛暑日になった。

(1日付け朝日新聞より)


**************************************

今年の夏やっぱり暑かった… 
113年間の観測史上最高


気象庁は1日、この夏(6−8月)の
日本の平均気温が統計を取り始めた
1898年以降で最も高かった、と発表した。
平年より1.64度高く、同庁は
3日に専門家を集めた異常気象分析検討会を
開くことを決めた。

日本の平均気温は、
ヒートアイランド現象など都市化の影響が少ない
全国17地点の平年差を平均している。
6−7月の平年差はそれぞれ
プラス1.24度と1.42度だったが、
8月がプラス2.25度で、
3カ月間の平均を押し上げた。
その結果、これまでの記録だった
1994年の平年差プラス1.36度を
0.28度上回った。

気象台など全国154地点の
データを用いて集計した地域別でも、
北海道(平年比プラス2.3度)、東北(同2.3度)、
関東甲信(同1.9度)、北陸(同1.8度)、
東海(同1.6度)で過去最高となった。
タイ記録も含めて統計開始以来最高となったのは、
札幌や仙台、東京都心、名古屋、舞鶴(京都府)など
北日本から西日本にかけての61地点に上った。
西日本は8月中の平均気温が
平年比プラス2.0度となり、過去最高だった。

最高気温が35度以上となる猛暑日の日数は
埼玉県熊谷市で計31日を数えるなど、
富山市や大分市など11地点で最多を更新した。
最低気温が25度以上の熱帯夜も計48日の東京都心など、
計48地点で統計開始以来の新記録になった。

気象庁によると、猛暑の主な原因は、
梅雨明け後に日本付近の上空を流れる
偏西風が北側に大きく蛇行し、
太平洋高気圧の勢力が強まったためだという。
春まで続いたエルニーニョ現象で
北半球の中緯度地域の気温が
高くなっていたことも影響したとみられる。

同庁は少なくとも14日ごろまで、
最高気温が35度前後の厳しい暑さが続くとみている。
10月も暖かい空気に覆われて、
全国的に気温が平年より高くなると予想している。

(1日付け朝日新聞より)


**************************************

9月中旬頃までは厳しい暑さは続くと思われます
体調の管理は慎重に維持したい物です。

BLOG関連記事
2010・08・17付け記事



blogram投票ボタン

WebMoney ぷちカンパ
posted by ヘゥンのタカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

酷暑は続くよどこまでも・・・!?

連日の酷暑が続く中
熱中症で倒れ病院へ搬送される人が
例年よりも増加しています。

中には命を落とす人も・・・
今年の夏はいつもより暑さが一段と
厳しく体調を崩しやすいです。

**************************************

熱中症の搬送者、3万人超す 
最多は愛知の2530人


5月31日から8月15日までの間に、
熱中症で病院に搬送された人が
3万1579人に上ったことが
総務省消防庁のまとめでわかった。
8月9〜15日の1週間では3264人で、
7月下旬に比べると減っているものの、
同庁は水分をこまめにとるなど
予防の徹底を呼びかけている。

同庁によると、
搬送された人数が最も多かったのは
愛知県の2530人で、東京都2335人、
埼玉県2215人、大阪府1929人、
神奈川県1454人と続いた。
逆に少なかったのは徳島県169人、
佐賀県204人、福井県207人などだった。

病院に搬送されたあとに
死亡が確認された人は132人に上り、
重症者も1170人いた。
65歳以上の高齢者は1万5051人で、
半数を占めた。

同庁は1週間ごとに集計しており、
週別では7月19日から25日までが
9901人で最多。
翌週(26日−8月1日)は5600人だった。
8月9日から15日までの1週間は
前週(2−8日)の7136人よりも
3872人減った。

また、東京23区内の異状死事案の
死因を調べている都監察医務院によると、
都内が梅雨明けした7月17日から
今月16日までの1カ月で、
23区内で熱中症によって亡くなった
人の数は少なくとも100人に上った。
うち91人が65歳以上の高齢者で、
大半が屋内で死亡。
1年間の熱中症による死者数の統計を
取り始めた1946年以降、
すでに最多となっている。

(17日付け朝日新聞より)


**************************************

熱中症はきちんとした対策を取れば
リスクをある程度回避する事は出来ます。
↓要点を表にしてまとめてみました。

**************************************

#外での活動は無理をしない
#適度に塩分と水分の補給を
#外への外出は薄着着用で
#疲れたと思ったら涼しい場所で休憩を
#猛暑日の外での行動は慎重に


**************************************

念頭に入れておけば熱中症を
ある程度防げますが最大の点は

あまり無理をしない事

酷暑はまだまだ続きますが
熱中症には皆様も十分に気を付けて
酷暑の季節を乗り切って下さい。



blogram投票ボタン

WebMoney ぷちカンパ
posted by ヘゥンのタカ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。