2011年06月14日

TK・DJLive from DOMMUNE。

今さっきライブストリーミング
チャンネルDOMMUNEでのMR.TKこと
小室哲哉のDJLiveの終了後の
興奮と余韻冷め在らぬ状態です。

ブロードバンドでのLiveは
私の記憶がたしかならば初では?と
思うほどとは思えない密度の濃い
サウンドの洪水の如き2時間弱でした。

えぇ・・・思ってた様にTKの音の輝きが
何時もよりも違って聞こえたのは確かです。

DOMMUNEでのTKのDJLiveは
黄金期に帰ったかの如く
凄まじいかの如き圧倒的なサウンドで
DJLiveを見せ付けてくれました・・・。

いやはや・・・改めて
TK=小室哲哉の凄さを再認識させて頂きました。

ただ・・・ただ・・・
偉大なる小室先生に敬服です・・・。

m(_ _)m

追伸、Liveのセットリストに
映画「スピード2」のテーマRemixを
生で聞けるとは夢にも思って無かったwww
TKの粋なサプライズにしてやられたwww

orz

関連リンク
DOMMUNE
Tetsuya Komuro公式HP
Tetsuya Komuro公式Twitter
Tetsuya Komuro公式MySpace



heavenlyhawk55をフォローしましょう




blogram投票ボタン


WebMoney ぷちカンパ


posted by ヘゥンのタカ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

フレディの事を想いながら・・・。

#携帯電話でご覧の皆様へ

動画はPC版のみ対応です
予めご理解の上ご覧下さい。

**************************************

今日、11月24日は音楽史そしてロックの歴史上
偉大な歴史を刻んだ偉大なる才人。

Queenのフレディ・マーキュリーの
19回目の忌日にあたります。


Freddie Mercury
(1946.9/5-1991.11/24)

持って生まれた類稀な才能と
ステージでの存在感は唯一無二と言われてます。

伝説的バンドQueenのソングライティング面
そしてバンドの顔にして声として欠く事が出来ない
中心人物でも在りました・・・。

その衝撃的な訃報は記憶に残る方も居ると思います。

今はただ・・・この代表作と言える
この曲を聴きながら静かに追悼したいと私は思います。

Queen - Bohemian Rhapsody (PV)


フレディ・・・あなたはロックの歴史を変えた
偉大な先駆者で有る事を私は誇りに思う・・・。

それは間違い無く事実なのだから・・・。

心からの祝福と安らぎを感謝を込めて・・・・・。



blogram投票ボタン


WebMoney ぷちカンパ


posted by ヘゥンのタカ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

サカナクションPVがLAの映画祭出展へ。

何とか生きてますw
故障状態だったPCも修理から無事帰還し
何とか搬入、そして調整の真っ最中でつw
あと少しで現在の体制に戻れますので
ご心配なく・・・w

******************************************

さて・・・ここからが本題w

北海道出身のバンド、サカナクションの
PV(ミュージックビデオ)が海外の映画祭で
出展され特集上演会で海外の観客に紹介される
異例の名誉が発表され話題と為っています。

クオリティの高い作品が海外の映画祭で
取り上げるのは特筆だと私は思う。

******************************************

サカナクションのPVが
アメリカの国際映画祭に出展


全国ツアー中のサカナクション。
彼らの楽曲「ネイティブダンサー」の
PV(ディレクター:児玉裕一)が、
アメリカを代表する国際映画祭
<Los Angeles Film Festival>にて
上映されることが決定した。

今回で16回目になるこの映画祭は、
カリフォルニア州ロサンジェルスにて、
6月17日から27日までの
11日間にわたって開催される。
2009年は、『崖の上のポニョ』が出展されたが、
2010年度は特別プログラムとして
日本のミュージックビデオ特集する
<Big in Japan: A Survey of
Japanese Music Videos>の上映を予定。
そのプログラムで、
日本を代表するミュージックビデオのひとつとして、
サカナクションのミュージックビデオ
「ネイティブダンサー」が上映されることになった。


サカナクション /ネイティブダンサー(公式PV)
VideoDirection by 児玉裕一


「ネイティブダンサー」は、
サカナクションが2009年に発表した
アルバム『シンシロ』に収録された楽曲で、
“ナイキのシューズが踊る”ステップで
構成されたユニークなアイディアを用いている。
また、YouTubeではすでに100万回以上再生されている
人気のミュージックビデオでもある。

今回の特別プログラムでは
“いかに日本のミュージックビデオが
クリエイティブで芸術的か”をアピールすることが
企画の趣旨になっており、サカナクションの他に、
椎名林檎、RADWIMPS、Cornelius、
テイ・トウワらの作品が上映される予定だ。

(25日付けBARKS記事より)


******************************************

ちなみに・・・
サカナクションと言えば・・・
このPVも忘れてはいけません

サカナクション /アルクアラウンド(公式PV)
VideoDirection by 関和亮


一筋縄では行かないロックを超越した
ダンスミュージックすらも取り込んだ
独自の音楽性と詩世界はサカナクションの持ち味。

現状の音楽に飽きた人達が
注目するのも頷けます。

まずは"サカナクション"の名前を
覚えて措いても良いと私は思う。

#29日AM02:00追記#

えらいこっちゃ・・・w
あのサカナクションが・・・

まさかまさかの
武道館ワンマン決定っ!


******************************************

サカナクション10月8日に
日本武道館公演


5人ロックバンド、サカナクションの
ツアー最終公演が28日、東京・青海の
Zepp Tokyoで行われた。
同バンドはメジャーデビュー前から
大型ロックフェスティバルに参加し、
パフォーマンス力でファン層を拡大。
新アルバム「kikUUiki」も3位に入り、
今回のツアーも全国15カ所で1万5000人を動員し、
チケットは即日完売となった。

ライブ終盤、ボーカル山口一郎(29)は
「皆さんに報告があります。
10月8日に日本武道館公演をやります」と
発表すると、2700人の観客から
大歓声と拍手が起こった。

山口は「僕たちは北海道出身で
武道館の意味を実感していなくて。
でも、1つのターニングポイントで
大切な瞬間になると思う。
ライブハウスでやるつもりで、
気負わずにやります」と意気込みを話した。

ヒット曲「アルクアラウンド」や
8月4日発売の新曲「アイデンティテイ」などを披露し
「新曲は情熱を込めて作りました。
また、自分たちのやりたいことを
好き勝手やったアルバムを出して
またツアーを回りたい」と話していた。
この日のライブは6月11日
午後11時50分からWOWOWで放送される。

(28日付nikkansports.com記事より)


******************************************

8月には待望の新譜の発売を控えて
夏の音楽フェスへの参加も期待されている
サカナクションの今後の動向に
注目したいと私は思う。

関連作品

kikUUiki

kikUUiki

  • アーティスト: サカナクション
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2010/03/17
  • メディア: CD




シンシロ(通常盤)

シンシロ(通常盤)

  • アーティスト: サカナクション
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/03/04
  • メディア: CD




アルクアラウンド

アルクアラウンド

  • アーティスト: サカナクション,山口一郎,rei harakami,YUZURU TOMITA
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2010/01/13
  • メディア: CD




セントレイ

セントレイ

  • アーティスト: サカナクション,山口一郎
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: CD



関連リンク
サカナクション公式
Los Angeles Film Festival公式
↑注・英語サイトです。
BARKS
↑注・音が出ます。

blogram投票ボタン

WebMoney ぷちカンパ
posted by ヘゥンのタカ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

FACT 2ndAlbum迫る!

何も言うな・・・!

何も聞くな・・・!

ただ言えるのは一つ・・・

衝撃に備えろ・・・・!



FACT 待望の2ndAlbum

「In the blink of an eye」

Drop to

2010・1・13

ロックの枠すら超えた
得体の知れないサウンドドラッグ
あなたの五感が今、試される・・・!

#12月14日AM04:25追記#

噂に為っていた2ndAlbumからの
先行シングルの最新PVが
YouTubeにうpされたのでとりあえず紹介w

FACT / slip of the lip(公式PV)
VideoDirection by NINO



HQ(高画質)版はこちら

感想を一言言わせて頂く。

この音楽・・・

「凶暴」にも程が在るわ!!ww

特に後半の#プリプロダクションの凄さは
特筆物なので注目して欲しい。

とにかく、年明けにも発売される
2ndAlbum「In the blink of an eye」
が楽しみだったりする。


In the blink of an eye(初回限定盤)(DVD付)

In the blink of an eye(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: FACT,FACT
  • 出版社/メーカー: MAXIMUM10
  • 発売日: 2010/01/13
  • メディア: CD



#特撮及び映像の
特殊効果合成を指す専門用語。

参考リンク
FACT公式
(注・音が出ます!)
YouTube FACT公式
posted by ヘゥンのタカ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

エレキギターの父、レス・ポール逝去。

この日、世界の音楽に関わる総ての人たちは
偉大なる音楽のマエストロの訃報に
深い悲しみと敬愛を持って
亡き人を送ろうとしている・・・。

私たちは偉大なる先駆けの人と言う
財産を喪失したのだから・・・。

失った存在の大きさは計りし得ないと思う。

******************************************

レス・ポールさん死去
エレキギターの原型作る


AP通信によると、
レス・ポールさん(ギタリスト)が
13日、肺炎のため、
米ニューヨークの病院で死去、94歳。

ウィスコンシン州生まれ。
エレキギターの原型を作り、
「レスポール」モデルは、
ポール・マッカートニーや
エリック・クラプトンら
著名なギタリストが愛用した。
8トラックの録音機の開発などにも携わった。

(14日付け朝日新聞記事より)


******************************************

レス・ポール氏死去…94歳、
人気ギターモデル開発


米国のギター奏者で
エレキギター「レスポール」の開発者、
レス・ポール氏が13日、
ニューヨーク州内の病院で
肺炎の合併症のため死去した。94歳だった。
米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)などが、
米楽器メーカー
「ギブソン・ギター・コーポレーション」の
発表として伝えた。

ポール氏は1915年6月、
米ウィスコンシン州生まれ。
少年時代からギターやハーモニカなどを演奏。
36年には「レス・ポール・トリオ」を結成して
ニューヨークに進出した。

ギブソン社の依頼を受けて
52年に開発したエレキギターは
「レスポール」の名前で発売され、
伝説的なバンド「レッド・ツェッペリン」の
ギタリスト、ジミー・ペイジさんらが愛用したほか、
元ビートルズのポール・マッカートニーさんも使用した。

49年から61年ごろにかけ、
妻で歌手のメリー・フォードさん(故人)とコンビを組み、
「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」などのヒット曲を出した。

(14日付けスポーツニッポン記事より)


******************************************

レス・ポール、永眠


偉大なるギタリストであり、
エレキギターの父として、
近代音楽のレコーディング技術の
イノヴェーターとして
多大なる影響を与え続けたレス・ポールが、
2009年8月13日永眠した。94歳だった。

生涯現役として、
週一でステージに立ち赴くままに
プレイしていたレス・ポールは、
粘り強く頑固な職人気質で、
好奇心旺盛、悪ふざけを好む人柄であった。

93歳を迎えてもなお彼の好奇心は旺盛で、
その楽観的な考えとあふれる活力、
そして飾り気のない魅力は、
会う人すべてを虜にしていた。

そんな彼の、
貧困時代から富と名声を築くまでの
自身の物語が映画となったのは2008年のこと。
下記は映画にまつわり、
レスポールにインタヴューを試みた際の、
彼のセリフである。



「明日を見ることができれば
良いと思っているよ。それだけだよ、続ける事だね。
時間は止まらないし若返らないしね。
できる限り自分のやっていることを続ける事だ。」
──レス・ポール


ひとつの時代が終わった。
偉大なるレスポールよ、永遠なれ。

(14日付けBARKSニュースより)


******************************************

彼の経歴をまとめてみた。

******************************************

1915年6月9日、アメリカ、
ウィスコンシン州生まれ。

1930年代よりミュージシャンとして活動をスタート。
現在までに50枚のシングルと
35枚のアルバムをリリース、
累計で合計3千万枚以上の
レコードセールスを記録している。

1940年代に世界で初めて
ソリッド・ボディのギターを発明し、
その後、レコードのカッティングマシーンを自作。
多重録音を可能にしたり、
アナログディレイマシンの原型を発明。

1951年には妻のメリー・フォードとの
デュオ作品「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」が全米1位を獲得。
その翌年、ギブソン社初のソリッドギター
“レス・ポール ”が発売される。
人気の低迷や、離婚、耳の鼓膜が破れるという
事故に見舞われるも、1974年現役復帰。
1976年チェット・アトキンスと作成した
「チェスター&レスター」で1977年グラミー賞を受賞。
今までに5度グラミー賞を受賞しているほか、
1988年には、後世のロック・アーティストに
影響を与えた人物に贈られる、
ロックの殿堂のアーリー・インフルエンス部門に
殿堂入りしている。



また、2005年には8トラック・テープレコーダーや
ギブソン・レスポールの功労により、
ミュージシャンとして唯一「発明家の殿堂」入りを果たした。

その後も精力的にライブを重ね、
93才になった現在(2008年)でも、
ニューヨークのイリジウム・ジャス・クラブで
毎週月曜日にライブを行なっている
現役ギター・プレイヤーである。

(BARKSのプロフィールより)


******************************************

現在、存在する楽器製造に於ける
技術の礎を築き
レコーディング技術に於いて
確信的実績を残した彼の功績は
高く評価しても良いだろう。

そして、エレキギターの代名詞と為る
ギブソン・レスポールは今も尚
ミュージシャンから愛され支持されているのは
紛れも無い事実で有ると言っても良い。



偉大なる音楽の先駆者、レス・ポールの名前は
永遠に語り継がれる事だろう・・・。

尊敬と敬愛を込めて・・・・・。

心からの哀悼の意を申し上げます。

blogram投票ボタン
posted by ヘゥンのタカ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。