2009年09月01日

ウォルト・ディズニーの次の一手。

お待たせしました!夏休み明けですw
お約束どうりのBLOG更新再開ですw・・・
と言いたい処で驚きのニュースがw

正直、驚きです・・・
有り得ない筈の「M&A(企業買収)」
報道されたのですから・・・。

******************************************

ディズニーが
「スパイダーマン」「X―MEN」買収


米娯楽・メディア大手
ウォルト・ディズニーは
31日、「スパイダーマン」などの
キャラクタービジネスを展開する
米マーベル・エンターテインメントを
買収すると発表した。
買収額は約40億ドル(約3700億円)。

マーベル社はスパイダーマンのほか、
コミックから実写版で映画化されて
米国で大ヒットした「アイアンマン」や、
日本でも人気の「X―MEN」シリーズなどで、
5000以上のキャラクターの権利を有している。
ディズニーは人気キャラクターを活用、
コンテンツの増強を図る。

買収は現金と株式交換を併用して実施。
マーベル社の株主は、1株につき
現金30ドルとディズニーの株式
0・745株を受け取る。

マーベル社は、出版する人気コミックの
キャラクターに関する事業を展開している。(共同)

(1日付けスポーツ報知より)


******************************************

ディズニー 米国最大の
コミックス会社マーベル買収発表


米国のメディアコングロマリットである
ウォルト・ディズニーが、
米国最大のコミックス出版社の
マーベル・エンタテインメントを
買収することになった。
8月31日に、ディズニーとマーベルの両社が発表した。
買収は株式交換と現金を組み合わせたものとなる。
買収総額は40億ドル(およそ3700億円)である。
マーベルの株主は1株当たり30ドルの現金を受け取るほか、
1株につきディズニーの株式0.745株を受け取る。
先週末のマーベルの株式は38.65ドル、
ディズニーは、26.84ドルである。
マーベルの株主は、およそ20%強の
プレミアムをディズニーから受け取る。

ウォルト・ディズニーはよく知られるように、
映画事業、ABCなどのテレビ事業、
さらにテーマパークも運営する
世界的なメディアコングロマリットである。
特にアニメーション事業、
キャラクター事業で強みがある。
一方で、マーベルは、
スパイダーマンやキャプテンアメリカ、
アイアンマン、X−メンなどの
スーパーヒーローのコミックス出版に
原点を持つ会社。
近年は、そうした豊富なキャラクターの
ライセンス管理や映画製作を行うなど、
総合的なエンタテインメント企業の色彩を強めている。
同社の昨年の売上高は、
およそ6 億7600万ドル(約630億円)である。

ハリウッドの大手メディア、
エンタテインメント企業の買収、合併は
珍しい話ではない。
それでも今回のディズニーによる
マーベルの買収は大きな驚きを与える。
ひとつは、現在のマーベルの企業業績が
かなり好調に推移しているためだ。
マーベルは過去数年間、
映画事業進出で先行投資が嵩んでいたが、
昨年からこれらの映画の投資が
回収期に入っている。
映画のヒットが利益を大幅に
押し上げていることもあり、絶好調である。

また、マーベルはこれまで、
自社のキャラクターの映画展開では
ライセンス、自社製作の映画の配給についても、
ハリウッドのメジャースタジオとは
ほぼ等距離のビジネスを続けてきたからだ。
ソニー・ピクチャーズとの『スパイダーマン』シリーズ、
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は
20世紀フォックス配給と大きなビジネスをしている。
アニメーション番組ではNBCユニバーサル系の
ニコロデオンやディズニーと手を組むといったかたちである。
今回のマーベル経営陣の売却決定は、
これまでの等距離ビジネスの方針を
今後破棄する可能性が強い。
今後は、他の大手メディアと
既に進んでいるプロジェクトが、
どのように扱われるのかが注目される。

マーベルは今回の買収について、
ディズニーのクリエイティブ技術や
マルチメディア展開、
海外ネットワークを利用することで
マーベルの人気キャラクター達の
ブランドが強化出来るとしている。
しかし、実際によりメリットが大きいのは、
ディズニー側である。
ディズニーは、企業の創設者である
ウォルト・ディズニーの伝統以来、
キッズ向けの作品を得意とする。
また、ファミリー向け、女性向けのキャラクター、
コンテンツも比較的強いジャンルだ。
ところが、青少年向けはこれまで
他の分野に較べて弱かった。
ディズニーは、今年になって
ケーブルチャンネルのひとつ
トゥーンディズニーを、
少年向け専門チャンネルの
ディズニーXDにリニューアルするなど
弱点の強化を図っている。
この分野で圧倒的な強みを持つ
マーベルの合併は、
ディズニーのビジネスの弱点を補う。

ディズニーは2006年には、
CGアニメーションの巨大なライバル
ピクサーを74億ドルで買収したばかり。
今回は、キャラクターライセンス市場での
ライバルであるマーベルを
傘下に収めたことになる。
これで、同社は従来のディズニーキャラクターに、
ピクサーのキャラクター、
そしてマーベルのスーパーヒーローを
ラインアップに加える。
強力なライバルを買収により
内部に取り込むことで、
ディズニーは米国だけでなく世界市場でも、
さらに圧倒的なキャラクター帝国になる。
日本のキャラクターには、
「ハローキティ」や「ポケットモンスター」、
「遊戯王」と世界市場で強いものも少なくない。
しかし、こうしたキャラクターを扱う企業は
ディズニーと較べると、小さな存在だ。
巨大なディズニーの帝国は、
日本のキャラクタービジネスにとっても大きな脅威だ。

(1日付けアニメ!アニメ!記事より)


******************************************

これこそ晴天の霹靂と言うか・・・
私の目を疑う企業買収劇と言うか・・・

俗に言う「アメコミ」の最大手で知られる
マーベル社がウォルト・ディズニーグループに
取り込まれると言う出来事に驚きを隠せません。

「スパイダーマン」「X―MEN」
「アイアンマン」「ハルク(超人ハルク)」

で日本でも名前が知られている
「アメコミ(アメリカンコミック)」
代名詞でも在るマーベル社の多くの作品は
作品の日本語版の出版、アニメ化や実写映画化で
近年、その名前が知られる様に為りました。

そして、ウォルト・ディズニーは
知らない人は居ないと思う程の
キャラクタービジネスの大御所です。

その背景には、
世代を超えたキャラクタービジネスに於ける
今後の成長と多メディア&マルチコンテンツへの
需要の増大への対応と言う課題が重要視されてます。
ウォルト・ディズニーも今後のコンテンツ拡大への
対応策としてマーベル社のコンテンツを確保し
世界的規模のキャラクタービジネス界の
主導権を確実にしたいと言う思惑が
背景に有るのだと私は思います・・・。

キャラクタービジネスの地殻変動とも言うべき
今回の買収劇の今後の成り行きを
注意深く私は見守りたいと思います。

#9月2日AM04:30追記#

突然の買収発表の報道を受けて
大阪の人気テーマパークも
突然沸いた買収劇報道に
とまどいと困惑を隠し切れません。

******************************************

ディズニー「スパイダーマン」買収で
USJは?


米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが
31日、「スパイダーマン」などの
キャラクタービジネスを展開する
米マーベル・エンターテインメントを
約40億ドル(約3700億円)で
買収すると発表したことを受け、
スパイダーマンのコミックを
モチーフにしたアトラクション
「アメージング・アドベンチャー・オブ・
スパイダーマン・ザ・ライド」を
導入している米国映画のテーマパーク、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(USJ、大阪市此花区)では
「個別の契約についてはお答えできないが、
マーベル社が他社傘下に入ったとしても
契約が無効になるわけではない。
当面は影響はない」と話している。

USJは米マーベル社と提携し、
平成16年にスパイダーマンをアトラクション化。
画像を立体化するメガネと乗り物の動きなどで
映画さながらのシーンを体験でき、
家族連れなどに人気という。

このほか、パークのおみやげ用グッズも企画。
スパイダーマンの顔を描いたなるとを入れた
カップめん「すぱいだぁ麺(めん)」を
日清食品と共同開発するなど、
数百種類のグッズをパーク内の
店舗などで販売している。

スパイダーマンのキャラクターが
ディズニーに押さえられると、
国内のテーマパークのライバル、
東京ディズニーリゾートにも
スパイダーマン関連のアトラクションが
導入される事態が懸念されるため、
関係者の心中は穏やかではない様子だ。

(1日付けSANSPO.COM記事より)


******************************************

とまどいの色を隠せない
複雑な気持ちは私も同感だと思います。

参考サイト
ウォルト・ディズニーUS公式(英語)
マーベル・エンタテインメントUS公式(英語)

blogram投票ボタン
posted by ヘゥンのタカ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム&アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。