2011年05月23日

カンヌ映画祭、オリコンニュースの場合は・・・。

第64回カンヌ国際映画祭が無事終幕し
最高賞パルムドールを含む各部門の
受賞作品が発表されました。

日本から出品された作品は
残念ながら受賞は逃しましたが
十分健闘したと私は思います。

**************************************

カンヌ最高賞に「ツリー・オブ・ライフ」 
日本作品は受賞逃す


第64回カンヌ国際映画祭の授賞式が
22日夜(日本時間23日未明)、フランスのカンヌで開かれ、
コンペティション部門の最高賞パルムドールを、
米国のテレンス・マリック監督の
「ツリー・オブ・ライフ」が受賞した。

日本から同部門に出品された
河瀬直美監督の「朱花の月」と、
三池崇史監督の「一命」は
いずれも受賞はならなかった。
短編コンペティション部門でも、
大学4年の田崎恵美監督の
「ふたつのウーテル」が賞を逃した。

「ツリー・オブ・ライフ」は、
人気俳優のブラッド・ピットさんやショーン・ペンさんが出演。
1950年代の米国で暮らす少年の成長を
壮大な映像と共につづった。日本では8月12日に公開予定。

女優賞は「メランコリア」のキルスティン・ダンストさん、
男優賞は「アーティスト」のジャン・デュジャルダンさんが受賞した。

他の受賞作と受賞者は次の通り。

審査員特別大賞(グランプリ)=
「昔々アナトリアで」ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、
「少年と自転車」ダルデンヌ兄弟監督

▽監督賞=ニコラス・ウィンディング・レフン監督「ドライブ」

▽脚本賞=「脚注」ヨセフ・シダー監督

▽審査員賞=「ポリス」マイウェン監督(共同)

(23日付けスポーツニッポン記事より)


**************************************

ここからが本題

ORICON STYLEの芸能ニュースでの記事が


該当ページはこちらへ

良く見ると・・・



画像拡大したのが↓



「2つの主演男優賞に輝くショーン。」って・・・(苦w)



「ショーン・ペン」位の名前すら
しっかり書けないのか?

とにかく・・・・

記者の書いた原稿チェックすら
間々為らないとは・・・・

高給・傲慢・無知&無責任
三拍子揃った無能揃いの
ORICON STYLE芸能ニュース編集部一同!




この記事を書いた記者と
ニュース編集部の責任者に一言・・・



誤字脱字のチェックぐらいは
しっかりしろ!





blogram投票ボタン


WebMoney ぷちカンパ


posted by ヘゥンのタカ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。